利尻カラーシャンプーの副作用!頭皮や髪の毛のダメージは?

白髪用利尻ヘアカラートリートメント

 

こんにちは、M字はげジロウです。

利尻カラーシャンプーは、潤い成分など天然然利尻昆布エキスを含め、髪や頭皮の事を考えて作られています。

 

白髪に悩む人
白髪に悩む人

でも、市販のシャンプーでかゆみがでたり頭皮がヒリヒリしたことがあるけど、本当に大丈夫ですか?

 

利尻カラーシャンプーは、市販の物と違って天然成分が配合してあり、毎日使えます。

どんな人にも副作用はなく安心して使えるのか、白髪染めの副作用の原因について、まとめました。

利尻カラーシャンプーの副作用!使われている天然成分の特徴

利尻カラーシャンプーは頭皮環境を悪くすると言われる、パラベン・ジアミンやタール系色素・酸化剤・シリコーン・香料・鉱物油といった刺激成分は無添加です。

この中でも特に、白髪染めの副作用の原因と言われるジアミンやタール系色素も含まれていません。

 

はげジロウ
はげジロウ

これらの成分は一切使ってないため、痒みやフケなどの副作用もないです。

 

しかも、利尻カラーシャンプーは素手で使用しても大丈夫だから、安心して使えます。

 

白髪に悩む人
白髪に悩む人

素手で!!誰でも本当に直接さわっても大丈夫なの?

手が真っ黒にならない?

利尻カラーシャンプーの主成分は、肌や毛髪にダメージを与えないアミノ酸成分である、ココイルグルタミン酸TEAラウロイルメチルアラニンNa、洗浄成分のオレフィンスマホ酸Naなどバランスよく配合されています。

 

はげジロウ
はげジロウ

だから、3つの成分はすべて石油系物質ではないため、安心して使えますよ。

ただ、シャンプー液は黒いため、爪回りが黒く残る場合があります。

そのため、毎日使うと考えている人は、ゴム手袋の使用をおすすめします。

 

また利尻カラーシャンプーは、皮膚刺激やアレルギーなどの副作用の原因となる、パラフェニレンジアミン等の酸化染料は使われていませんが、すべての人に症状があらわれないと言うわけではありません。

 

白髪に悩む人
白髪に悩む人

念には念で聞くけど、それでも乾燥肌・敏感肌、天然由来の成分が合わない人はどうればいいの?

はげジロウ
はげジロウ

とくに肌の弱い人は、48時間のパッチテストをおすすめします。

 

その他にも妊娠中や授乳中、薬を服用している場合は、身体がとてもデリケートな状態です。

一度かかりつけの主治医に相談して、パッチテストを行ってから使うことをおすすめします。

利尻カラーシャンプーは毎日使っても大丈夫?

先ほどもお話しましたが、利尻カラーシャンプーには副作用の原因となる成分は一切使われていません。

 

利尻カラーシャンプーの副作用

 

  • シリコーン
  • 香料
  • パラベン
  • 酸化剤
  • 鉱物油
  • ジアミン系色素
  • タール系色素

の上記の成分が使われていません。

これらの成分が入っていると、どのような副作用が起こるのか、まとめました。

シリコーンのデメリット

シリコーンは、髪の表面を保護する働きがあります。

しかし、頭皮の毛穴に詰まったり、ヘアカラーやパーマ液の薬剤の化学成分を閉じ込めて、髪の内部に成分が残ってしまう危険性があると言われています。

香料のデメリット

シャンプーに含まれている香料は、化学合成によって生成された合成香料と天然由来成分から作られた天然香料があります。

その中で、合成香料は肌に対してアレルギー反応が出やすいと言われています。

かぶれやかゆみ、炎症などがあり、頭皮の状態を悪化させるため、薄毛を促進させる可能性もあります。

パラベンのデメリット

パラベンとは防腐剤のことです。

肌荒れや吹き出物、アレルギーの原因となると言われていて、使用量が決められている成分です。

酸化剤のデメリット

酸化剤とは、使われている成分が空気中の酸素を取り込んで酸化や変質するのを防ぐ成分です。

一見、シャンプーにはよさそうに聞こえますが、キューティクルが剥がれてしまい、髪の毛の表面がささくれてしまい、抜け毛で悩まされてしまいます。

鉱物油のデメリット

鉱物油の中で、特に石油系界面活性剤は過剰に頭皮や髪の毛に付着しやすいため、残りやすいです。

しかも、浸透力が高いため、毛穴を詰まらせている可能性があります。

もし、髪の毛が細くなったり、薄くなってきたと感じているなら、鉱物油が原因かもしれません。

ジアミン系色素のデメリット

ジアミンは化学染料のことで、様々なアレルギー反応が出ると言われています。

主に、かゆみや痛み、湿疹などがあります。

タール系色素のデメリット

石油を原料として作られた色素です。
原材料に、青色○号、赤色○号などと書いてあれば、それはタール系色素が使われています。

皮膚への浸透率が高く、皮膚障害やアレルギーを起こす危険性があると言われています。

紹介した化学合成で作られた成分は、利尻カラーシャンプーに使われていません。

利尻カラーシャンプーは天然成分由来だから安心して使える

利尻カラーシャンプーは、髪の毛を保湿して潤いを与える天然利尻昆布エキスを含め、髪や頭皮の事を考えた成分が配合されているため、基本はシャンプーとして毎日使えます。

利尻カラーシャンプーの使い方は、髪の毛を濡らしてから、軽く汚れを落とす湯シャンをして、濡れた手にシャンプーを取り、頭皮の上で泡立てながら洗うだけです。

その後、色が出なくなるまで、しっかりとすすぐだけです。

ここでワンポイントが、頭皮などをもむブラシを使うと、頭皮に優しく洗うことができ、きめ細かい泡が、さらにきめ細かくなり、髪に浸透しやすくなりますよ。

利尻カラーシャンプー副作用のまとめ

利尻シャンプーの副作用

 

結論からまとめると、頭皮や髪の毛のダメージは、まずないです。

それでも使用上の注意点はあります。

利尻カラーシャンプーの副作用はでたと言う報告は今のところ聞きませんが、すべての人に皮膚刺激やアレルギーが生じないというわけではないです。

利尻カラーシャンプーは、白髪用のヘアマニキュアタイプの染毛料です。

一般的な染毛剤とは異なります。

そこで、注意点をまとめました。

  • 頭皮に異常がある時または異常を感じた時は止める
  • 万一目に入った場合はすぐに洗い流す
  • 頭髪以外には使用しない
  • 極端に高温または低温の場所・直射日光のあたる場所には保管しない
  • 肌の弱い方やアレルギー持ちの人は注意は必要
  • 天然成分が高配合のため早めに使い切る
  • 仕上がりの色調・使用感には個人差がある

まずアレルギーやアトピー持ちの人で、副作用が気になる人は自己判断はせず、使用前に皮膚科などの専門の先生に相談したほうがいいです。

利尻カラーシャンプーは、パーマ、その他の染毛剤、染毛料などと合わせて使用する場合、あなたの髪の状態によっては思い通りの色に仕上がらないことがあります。

美容院でカラーリングするのとは違い、1度でしっかり染められるわけではありません。

しかし、ダメージを与えずに少しずつ染め上げてくれるため、誰でも簡単に髪や頭皮などのダメージを守り安心して使えるシャンプーです。

⇒利尻カラーシャンプーはこちら

タイトルとURLをコピーしました