アルガス-2の育毛効果やデータは実際にどうなのか?

アルガス2の効果

 

こんにちは、M字はげジロウです。

イクオスには他の育毛剤には入っていない独自配合の成分、アルガス-2が入っています。

保湿効果があるペルベチアカナリクラタと血管拡張作用・脱毛を防ぐ働きがあるミツイシコンブエキスをミックスしたものです。

具体的にはどんな効果があるのか、まとめました。

アルガス-2の特徴

アルガス-2でキャピキシルミノキシジルをも上回るスカルプケアを実感できると言われています。

 

イクオスのデータ

 

千葉頭皮環境研究会との共同調査によって、昨今話題となっているスカルプケア成分であるキャピキシルやミノキシジルよりも高い育毛効果が得られるという報告もなされています。

よく見るサイトでは、この実験データは嘘と書いたページも見ますが、もしうそなら今頃ヤフーニュースやテレビにも取り上げられていますが、そのようなことは見たこともありません。

だから、このデータは本物といってもいいでしょう。

まずは、ネットのうわさにも惑わされず、あなたが使うことをおすすめします。

もちろん、名の知れない育毛剤を使えば当たりはずれもあると思いますが、イクオスはこのようにデータもあるし、実際に私の嫁も口コミに惑わされず、4ヵ月使って頭頂部の薄毛に実感できています。

その時の状態は別ページに載せています。

育毛剤イクオスの効果!4ヵ月で嫁の薄毛は改善できる?
イクオスの育毛剤は、女性にも高好評だったため、ちょうど嫁の頭頂部が薄く目立ってきたから4ヵ月使ってみたら、意外な結果が出ました。その他にも、育毛剤を使う以外にも気を付けた点などについて、まとめてみました。

 

そしてアルガス-2は、成長因子を分泌させ、毛母細胞と毛包みを活性化させ、高い保湿効果で頭皮の環境を健やかに整えます。

また、髪の成長に必要な、アルガス-2にぺルべチアカナリクラタ、ミツイシコンブエキスが含まれています。

ぺルべチアカナリクラタの特徴

非常に高い再生能力を持ち、奇跡の海藻とよばれています。

フランスのブルターニュ地方で摂れる褐藻類から摂れるエキスです。

海藻であるにも関わらず水がない状態で2週間以上も耐えられるという高い保水力と、普通の海藻では耐えられない環境下におかれた後も生き返る高い細胞再生能力を持っています。

エイジングケアに効果的とされ、マリンイソフラボンと成長因子を含み、細胞の代謝機能を高め、髪の成長を促します。

保水力が非常に高いことから、弾力のない髪にハリやコシを与えます。

ミツイシコンブエキスの特徴

イクオスシリーズに含まれる海藻エキスで、別名がM-034です。

北海道産の三石昆布から抽出されています。

ヒアルロン酸と同等の保湿力ミノキシジルと同等とされる血管拡張作用と毛包を活性させる効果があるとされていて、天然由来で刺激が少ないこともあって非常に人気が高いです。

さらに、脱毛を引き起こすタンパク質であるFGF-5の働きを防ぐため、髪の成長期を延長させます。

太くなっても毛は増える

育毛と言うと、とにかく毛を生やせばいいと考えている人も多いようですが、これは少し乱暴な考え方です。

確かに髪をはやすことができれば絶対、数は増えますが、新しく生えたが細く弱々しいものであっては、毛が増えたと言う実感を得るのは難しいと思います。

髪が伸びるのはヘアサイクルの中でも成長期の時で、通常、髪が頭皮の中で育ち、頭皮の表面に出てくるまでに約1ヶ月かかります。

その後、目視で生えてきたと目立つようになる2~3cmの長さに伸びるまでに、2~3ヶ月かかります

さらに3cm伸びるのに、3ヶ月くらいかかるんです。

これは、あくまでも目安であるため、個人差はもちろんあり、ヘアサイクルが乱れている場合などはもっと遅くなってしまう可能性もあります。

ここからさらに、髪が太く育つことで育毛効果を実感したとなるわけです。

早い人で、1ヶ月以内に効果を実感する人も中にはいますが、3~4ヶ月を過ぎたあたりから効果を実感し始める人が多いのは、このヘアサイクルのためです。

この髪が出てくるまでの期間は育毛剤を使用していても頭皮の中でゆっくりと作用している時間なので見た目に効果を実感できず、これは効果がないのかと心配になる人も多いです。

でも、ちゃんと効果は出ているため、あきらめずに髪が生えてくるのを気長に待つ必要があります。

髪が育てば毛は太くなる!

日本人は平均して、1cm²に150本ほど毛が生えています。

髪の毛の太さは

  • 髪の毛が太い人…0.12mm~0.25mm
  • 髪の毛が普通の人…0.08mm~0.10mm
  • 髪の毛が細い人…0.05mm~0.07mm

髪の成長期を5年として、毛髪の最終成長の太さ0.1mmとした場合、1年で0.02mm、1ヶ月で0.0017mm太くなる計算になります。

成長を重ねることで毛が太くなるのは、1本だけではなく当然すべての毛に起こります。

髪の毛1本1本が太くなることで全体にボリュームが出て、頭皮の見える面積も小さくなります。

元の毛髪がスカスカで頭皮が目立つ状態だったとします。

しかし、1年後4倍に成長した毛には髪がおさまりきらないほどになります。

1ヶ月、2ヶ月後でも成長はしているものの、目視でわかるほどの成長はなく、かなり細かく観察していてもイマイチよくわからないのが本音です。

目に見える長さとなる、2~3cmまで毛が伸びてくるのに3ヶ月かかるとすると、その時の太さはだいたい0.0251mmで最初の1.5倍。

さらに3ヶ月経ち半年後になると毛も5cm以上伸び、太さも4倍になるため、効果を実感する人が多いです。

髪の毛が新しく生えてくることは重要ですが、髪を太く育てることも同じくらい重要なことです。

だから、イクオスは3ヶ月以上の継続使用がおすすめです。

⇒アルガス-2配合!イクオスはこちら

タイトルとURLをコピーしました