AGAの原因!まずはなぜ脱毛したのかを知る必要あり

AGAの原因

 

こんにちは、M字はげジロウです。

最近、よくAGAという言葉を聞くようになり、男性型脱毛症のことです。

AGAになる原因や症状、対策、AGAの治療ができるクリニックについてまとめました。

AGAとは

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症のことを指します。

AGAは思春期を過ぎた男性に良くみられる症状で、額の生え際から後退していくタイプ(M字ハゲ)、頭頂部から薄くなるタイプ(O字ハゲ)、これらの混合タイプなどがあります。

AGAは進行するため、もし何もしないでいると次第に髪の毛の数が減り、薄くなってきます。

現在、日本でAGAを発症している人は1,000万人ほどと言われています。

年齢が上がるほど、発症率が高くなることからAGAには加齢が影響していると考えられています。

しかし、30代以下でも発症している人がいるため、加齢だけがAGAの原因とは限りません。

薄毛で悩んでいる、もしくは将来、薄毛になるのではないかと悩んでいる男性は非常に多く、500万人以上の男性が何らかの方法で、薄毛を対策していると言われています。

AGAの原因

AGAは頭頂部と前頭部の生え際の一部に薄毛が進行する症状を言います。

これは、髪の毛のサイクルのうち、何らかの原因で成長期が短くなり、太くて丈夫な髪の毛に育つ前に抜けてしまうため、髪の量が少なくなってしまいます。

一度乱れたヘアサイクルはもとには戻らないため、成長期はどんどん短くなり、やがて髪の毛の生えない状態にまでなってしまいます。

 

AGAのトラブル

 

このようにAGAは進行性のため、対処せずにそのまま放っておくと、どんどん脱毛が進行することになります。

AGAは、戦後になって発症者が増えてきたことから、欧米化した食生活やストレスが原因とも言われていました。

また発症者の低年齢化も進み、10代後半から症状を訴えるケースもあります。

こうしたことからも、食品や使用しているシャンプーの成分、生活環境といった環境要因が薄毛の発症に大きく影響していると言えます。

しかし、どんなに健康的な生活を送っていてもAGAを発症してしまう人も多くいます。

逆に、不規則な生活を送っていて、髪の毛に特別なケアもしていないのに、フサフサな人も中にはいます。

薄毛に悩む男性が多いこともあり、多くの薄毛対策に関する情報があふれています。

その中でも特に多いのが、皮脂の過剰な分泌が原因となるものです。

確かに脂漏性脱毛症の原因は過剰な皮脂の分泌ですが、脂漏性脱毛症を発症するケースは非常にまれです。

また皮脂の分泌を抑えようと過剰な洗髪を繰り返すと、髪の健康に必要な常在菌すら洗い流してしまうため、逆効果になってしまう場合もあります。

頭皮を健康的に保つには、穏やかな洗浄成分が有効です。

育毛剤もたくさんの種類がありますが配合されている成分は違い、価格もバラバラです。

自分にはどれがあっているのか、悩む人が多いのも事実です。

多くの人が薄毛に悩んでいるのにもかかわらず、これまでか科学的な根拠がある治療法がなかったため、あいまいな情報にたくさんの人が悩まされてきたのです。

AGAの対策

そんなAGAの治療薬として、2005年にフィナステリドが登場しました。

フィナステリドはもともと前立腺肥大の治療薬として開発がすすめられていましたが、前立腺肥大の治療効果酔いも、副作用として現れた発毛の方が治療効果が高かったため、男性型脱毛量の治療薬として市場に出回った経緯のある薬です。

AGAの主な原因物質はDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる強力な男性ホルモンです。

男性ホルモンであるテストステロンが毛根に入ると、毛乳頭や皮脂繊維を増大させる5α-リダクターゼ還元酵素と結びつき、DHTに変化します。

DHTは、胎児期には男性大事の外性器の正常な分化および、二次性徴に重要な役割を果たしますが、思春期以降には男性型脱毛、前立腺肥大、ニキビなどの症状が起こります。

このDHTが毛乳頭細胞内に存在する男性ホルモン受容体と結びついて、毛乳頭細胞のDNAに作用すると、脱毛シグナルとなるTGF-βが分泌されます。

脱毛シグナルにより、毛母細胞の分裂が抑制され、毛髪のサイクルが乱されることでAGAは発症します。

フィナステリドは5α-リダクターゼの還元酵素の働きをブロックすることで、AGA原因物質であるDHTの産生を抑制します。

DHTが産生されないため、男性ホルモン受容体と結びつくことで生じる脱毛シグナルも出されません。

フィナステリドの働きで髪の毛のサイクルを正常化するまでには時間がかかるため、発毛の効果を実感するには3ヶ月~1年ほどの個人差があります。

また、フィナステリドの服用を止めると、再びDHTの産生が始まり、脱毛シグナルが出されてしまうため、服用し続ける必要があります。

薄毛の原因が男性ホルモンであるDHTであることが科学的に解明され、しかもその治療薬ができたのです。

フィナステリドは医師の処方が必要な薬で、保険診療扱いではないため、全額自己負担となりますが、多くの男性がフィナステリドを服用し、実際に発毛の効果を実感しています。

原因別AGA治療法

遺伝要因が強いケース

男性ホルモン受容体の影響が強い場合は、AGAの原因が遺伝要因であると考えられます。

この場合、フィナステリドの不要で高い治療効果が期待できます。

まだ薄毛の症状は出ていなくても、自分がこのタイプであるとわかっている場合は、適切な対応をすれば、AGAの発症・進行を遅らせることができます。

質のよいシャンプーによる正しい洗髪、栄養バランスのとれた食生活、適度な運動を心がけましょう。

またヘアサイクルの乱れは放っておくと、正常なバランスに戻すまでに時間がかかってしまいます。

このタイプの人は、少しでも抜けが気になったら、すぐに医療機関を受診し、薬の服用を医師に相談しましょう。

フィナステリドの服用は長期間続くため、肝臓にも影響を与えます

薬里の長期服用に耐えるよう健康的な体作りを常に意識する必要があります。

AGAの本

環境要因が強いケース

AGAの原因はDHTではないため、フィナステリドの効果は全く期待できません。

また、一時的な症状の場合もあるため、薄毛になった原因が日常の生活にないかをよく考え、まずその原因を取り除くことが大切です。

そのうえで、育毛剤や薬の力をかりるのもよいでしょう。

このケースの場合、ミノキシジルと言う成分が有効です。

日本では外用薬が認可されています。

ただし、効果の出方には個人差があるため、最低でも6ヶ月間は様子を見るつもりで、気長に治療に取り組む必要があります。

効果を出そうと強く頭皮に刺激を与えるようなマッサージをしたり、適量な量を超えて使用したりしても、効果は上がりません。

遺伝要因・環境要因両方のケース

遺伝要因と環境要因が複合的に合わさって症状が現れているケースです。

フィナステリドを服用しても、現状維持にとどまるだけの人もいます。

しかし、AGAは進行性のため、脱毛がストップしただけでも薬の効果は出ていると言えます。

現状維持からさらに、発毛実感を得るためには、外用薬のミノキシジルを使用したり、生活習慣を改めるなど、複合的に薄毛へアプローチする必要があります。

どこで検査を受ける?

AGAの診察をするときに、遺伝子検査であなたがどのような要因でAGAになっているのかを調べることができます。

遺伝子検査で扱う遺伝情報は生涯変わらず、また血縁者間で共有します。

究極の個人情報と言われるところはここにあります。

ひと口に遺伝子検査と言っても、治療の難しい難治性の疾患のリスクを調べるものから、肥満といった体質を調べるものまで幅広くありますが、法的な規制はまだされておらず、各団体からガイドラインが出されているだけです。

そのため、検査と名前は付きますが、実際は病院で医師の指示のもとで受けるものから、インターネット上で手軽に申し込みができるものまでいろいろで、また手続き方法や値段も異なります。

クリニックとネットで申込み可能

価格はクリニックで受ける方が若干高いです。

実際の検査の解析な専門機関が担当していることが多いです。

まず、どこの解析機関に委託しているかがポイントとなります。

同じAGA遺伝子検査といっても、どの遺伝子をどの手法で解析しているかは機関によって異なります。

どういった科学的根拠に基づいて遺伝子項目をきめているのか、事前に確認をしたほうがいいですよ。

遺伝子検査は結果を治療に生かせるクリニックでしたほうがいい

遺伝子検査についての説明を丁寧にしてくれるかもポイントです。

ネット販売よりは、クリニックの方が直接対面して説明してくれる場合が多いですが、実際は診療時間を長くとってもらえなかったり、中にはあまり遺伝子について詳しくないのに検査を扱っている医師もいるようです。

せっかく検査をうけても、その検査結果を治療に生かしてもらえなければ、受けた意味がありません。

検査を受けた後、治療にどのように生かしてもらえるかも、事前に確認したほうがいいですよ。

また、ネット上で申込み検査を受け、その検査結果をクリニックに持ち込んでも、そこの医師が検査について理解しているとは限りません。

遺伝子検査の実用化は比較的最近であり、臨床の現場においては、まだ一部の大学病院など先進的な医療に取り組んでいるところを除いては、まだまだ普及していません

まだ薄毛は気になっていないが、将来のリスクが知りたいと考えているなら、ネット上で申込みが気軽にできるためいいかもしれません。

しかし、薄毛が進行して治療を希望しているのなら、遺伝子検査をきちんと治療の指針に取り入れているクリニックで、医師の指示の下検査を受けることが大切です。

AGAスキンクリニック

ここまでの説明でさらにM字ハゲや薄毛に悩んでいる、育毛剤や生活習慣にも気をつけても改善できなかった人は、今一度AGAスキンクリニックで詳しく見てもらった方がいいです。

AGAクリニック

 

なんかクリニックと聞くと、ちょっと行きづらいなと思うかもしれませんが、ハゲで悩んでいた人の99%が、髪の毛が生えてきた!評価しているほどです。

AGAスキンクリニックは、発毛・育毛治療に特化したAGA治療専門病院です。

ここのAGAスキンクリニックは、月4,200円から薬で手軽に治療を始められるものから、ドクター施術による本格的な発毛治療が受けられます。

初診料・カウンセリング(税抜き) 無料
初診料(治療を開始される場合)
※処方料込・再診無料
5,000円 無料キャンペーン
実施中今だけ0円
血液検査(2回) 20,000円 無料キャンペーン
実施中今だけ0円
ベーシックプラン(税抜き) ジェネリック医薬品フィナステリド錠1㎎「ファイザー」 初回3,400円

2回目以降

6,000円

プロペシア 初回4,200円2回目以降 7,000円
ザガーロ 初回4,800円2回目以降 8,200円
  • 薄毛が気になっていて将来が不安
  • 安心できるAGAスキンクリニックを探している
  • 薄毛だと実感しているが男性型脱毛症か自分ではわからない
  • 薄毛・M字ハゲなのか気になってきた
  • なるべく費用を抑えつつAGA治療をしたい

また、AGAスキンクリニックは全国にあるため、比較的近所の医院を選びやすいですよ。

ハゲで悩んでストレスがたまるようなら、早めに診断してもらったほうが、ストレスも溜まりにくいし、ハゲ対策もできますよ。

⇒詳しくはAGAスキンクリニックへ

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニック

 

他のクリニックと比べると、比較的安くて治療が受けられるとして人気で、初めの人でも利用しやすいのが特徴です。

なぜなら、完全予約制でしかも個室で診察をするため、人の目が気になる…という人にとってプライバシーを守ってくるため、通いやすいからです。

幅広い世代の男性の利用者が多く、評判も高いです。

治療費の一覧

カウンセリング費用 無料
初期費用 3,240円 問診、検査、診断、治療計画の策定など
再診費用 無料 薬代のみ
AGA内服・外用薬治療 7,020~18,900円 1ヶ月当たり

 

また治療のために必要な人は、プロペシアや育毛シャンプーを処方されたり、脱毛のリスクを知るためにAGA遺伝子検査をしたりします。

さらに、痛みがない治療がしたい人のために、ハリを使わずに無痛でできるノーニードル育毛メソセラピーと言う方法で、発毛に有効な成分を毛根直下に導入することもできます。

  • 個室で完全予約制
  • 比較的治療費が安い
  • 夜8時まで祝日や土日も営業
  • 痛いのが苦手な人のための無痛治療もあり

東京しかクリニックはありませんが、お休みの日は水曜日だけで、祝日や土日、さらに夜8時まで営業しているため、仕事をしているひとでも通いやすいですよ。

⇒銀座総合美容クリニックを見る

タイトルとURLをコピーしました